読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おでろでゅろでゅろ

擬音のようにふわっとした色々

若手エンジニアが「初の転職で実際に使ってみた」転職サイト

エンジニア サトウ タカシ 転職 まとめ

サトウ タカシです。

 

エンジニア歴3年以下、まだまだ若手なんですが

転職しました

 

世の中転職サイトってめっちゃ多いですよね。

正直なところどこ使ったらいいのかよく分からないまま始めたんですが

感想やおすすめなどを書いていきたいと思います。

 

Green(★★☆☆☆)

f:id:frint_frint:20161112232829p:plain

IT/Web業界の求人・採用情報に強い転職サイトGreen(グリーン)

IT専門の転職サイトです。

f:id:frint_frint:20161112233027j:plain

「ちくしょう!転職だ!」

teratailとか見てるとここの広告がめっちゃ出てますね。

サイトに登録したのはここが最初だったんですが、他のサイトと比べると

 

【良い点】

  • 採用課金制の求人サイトなので規模のスタートアップや小さい会社の求人も多く出ている
  • 自分のプロフィールなどもIT業界に特化した項目が多い
  • ヘッドハンターやエージェントを挟まずに企業とやり取りできる

 

【悪い点】

  • スマホサイトがとにかく使いにくい
  • 検索の精度がイマイチ

 

基本的には大手からスタートアップまで網羅していて良いサイトだと思います。

が、スマホサイトが死ぬほど使いにくい

多分バリバリAjaxつかってタブ切り替えとか実装してるんですが

タップしてもローディングのスピナーが出ないからフリーズしてんのか?と勘違いするほど。

掲載課金じゃないのでエージェントの会社が挟まっていないせいか

企業とのやり取りはスムーズでした。

 

が、検索機能は改善の余地があると思います。

まずスマホサイトだと複数条件の検索ができない(PCに比べて機能が大幅に少ない)

それからANDなのかORなのかよくわからない複数条件での検索...

f:id:frint_frint:20161112234036p:plain

↑の画像の「求人に関する条件」に条件を一つ足すと

f:id:frint_frint:20161112234139p:plain

なんで増えるの

f:id:frint_frint:20161113010648j:plain

普通は「服装自由」かつ「転勤なし」を検索したいと思うんだけどなぁ...

最初は片っ端から求人を見るので気にならないんですが、

使い込むほど目的の求人にたどり着けなくなりました...

スタートアップの会社を探すときはいいと思います。

 

careertrek(★★★★☆)

f:id:frint_frint:20161112234646p:plain

www.careertrek.com

今求人業界で流行りの人工知能によるレコメンド型求人サイト」です。

運営元はビズリーチで、ITに限らず多様な職種の求人が掲載されています。

されてはいるんですが、基本的に初回登録時に設定した業界の求人が優先して表示されるので

「飲食店で働く仲間募集!」

みたいなのは基本的にエンジニアには出ません。

 

【良い点】

  • 求人と自分の求める条件をマッチングさせる機能の精度が高い
  • 企業担当者とのやり取りをするサイト内のメッセージ機能が非常に使いやすい
  • 大手企業の求人が多い
  • サイトのUIが使いやすい

 

【悪い点】

  • 大量にエージェントが湧いている
  • 成功報酬が高いのかスタートアップは少ない

 

登録する前は侮っていましたが、なかなか自分の興味のある求人をレコメンドしてくれます。

例えば「スタートアップの自社サービスの会社」にマークしたとすると、

「もっと大手の自社サービスの会社」や「規模小さめのSIer」をレコメンドしてきます。

前者をさらにマークしたとすると「自社サービスの会社」を優先してレコメンドしてきます。

これは簡単な例なんですが、サイトを使い込めば使い込むほどマッチする案件が出てきます。

f:id:frint_frint:20161113010833p:plain

また、前述のGreenに比べて大手企業の求人が多いかな、とも感じました。

 

メッセージ機能はメッセンジャーアプリみたいなUIで使いやすいですし

レコメンドがメインの訴求方法ですが、検索も結構充実しています。

 

ただし

「ヘッドハンター求人」

という諸刃の剣がブンブン振り回されています。

簡単に言ってしまうと

「企業からのスカウト」と「エージェントからのスカウト」が

同じレイヤーに載っています。

大手企業の名前で「スカウトが来た!」とぬか喜びすると

「お前誰やねん」

という落胆を味わうことになります。

 

最初の設定とエージェントからのスカウトを除けばとてもいいサイトだと思います。

 

MIIDAS(★★★☆☆)

f:id:frint_frint:20161113000816p:plain

miidas.jp

こちらはcareertrekと似ている「マッチング+スカウト型の転職サイト」となっています。

運営元はIntelligenceですね。

多様な職種の求人がありますが、サイト登録時の診断である程度はフィルタリングされるようです。

 

【良い点】

  • もはや厨二病と言えるくらい「スタイリッシュでっせ!」というデザイン
  • 想定年収などインパクトの強い部分を伝えるUI
  • 割と精度の高いマッチング

 

【悪い点】

  • Ajax多用しすぎて入力途中でWiFi切れたりすると悲しいことになる
  • 初回の設定が長すぎる
  • ITの場合SIerの求人がかなり多い

デザインに関してはぜひ登録して皆さんに確認していただきたいんですが...

f:id:frint_frint:20161113001454p:plain

スタイリッシュすぎ

しかもアニメーションとかめっちゃ使ってて

「開発とか保守とか楽しそうだけど疲れそうだな...」

とエンジニア目線で見てしまいました。

ただ、UIなどはかなり考えて作られていて直感的に操作できます。

本質部分のマッチングについてはなかなか精度が高いような気がします。

 

ただし、UIを凝りすぎたせいでAjaxに依存しすぎています。

入力フォームが多い転職サイトにとってページ遷移による確認を挟んでいないということは

「入力途中で処理が不正に終了した場合入力内容を復帰するのが難しい」

ということになります。

一番最初に自分の情報を入力するのですが、

途中でWiFiが切れていしまっているのに気づかず、

AjaxのPOSTがすべて失敗し最初からやり直す以外の選択肢がなくなりました

f:id:frint_frint:20161113010935j:plain

 

それと自分の能力の問題なのかもしれませんが

求人はSIerが多く偏っているような印象を受けました。

 

しかも最初の設定が結構長いんですよね...

その代わり「スカウト」がメインになる転職サイトなので

企業と面接をした際の温度感はかなり良かったです。

 

paiza(★☆☆☆☆)

f:id:frint_frint:20161113002335p:plain

paiza.jp

 codeIQと双璧を成すプログラミングスキルの確認サイトとして有名なpaiza

f:id:frint_frint:20161113002624j:plain

やたらめったら女の子がいっぱいですよ

ここのコンセプトとしては

ユーザにプログラミングテストを通じて定性的な評価を与える

評価をもとに求人側とマッチングする

って言う感じなんですが...

 

【良い点】

  • プログラミングのスキルを定性的に評価できる

 

【悪い点】

  • スマホサイトがない
  • サイトUIが使いにくい
  • 運営の対応が...

 

 

企業がプログラミングの能力を測りたい、という要望はもっともだと思うんですが、

ここのプログラミングテストができるのは最低限の条件で、AやSの問題が解けても業務ができるかはわからないという問題があります。

なにせテストはフレームワークミドルウェアの知識は必要になりません。

つまり

「特定のプログラミング言語の標準仕様とアルゴリズムについて一定の理解がある」

という評価指標にしかならないということです。

 

まぁ、私は凡百な文系出身プログラマーなのでなんとも言えないのですが...

 

また、そもそもスマホサイトがありません。

退職前に転職先を探していたりしても、出先でスマホからチェックができません。

いや、できますけどPCサイトをスマホでちっちゃく表示して頑張る羽目になります。

 

さらにPCサイトもUI的に使いやすいとは言い難く、ところどころCSS崩れたりしてる...

 

そして、一番の問題点は「企業と直接やり取りできない」という点です。

応募はサイト上から行うのですが、その応募はシステムを通じて企業側へ送られるのではなく

おそらく運営会社が手動で連絡してます。

 

「何が悪いの?」と考える方もいらっしゃるかと思うんですが、

複数社の選考を同時に進めていたりすると選考予定の調整がかなりシビアになってきます。

直接やり取りできれば「応募先の返答までのタイムラグ」だけで済むものが

「運営会社が応募先へ連絡→応募先が運営会社へ返答→運営会社から自分へ返答」

という無駄な時間がかかることになります。

f:id:frint_frint:20161113011131j:plain

 

 

応募フォームなども使いづらく、面接希望日も3日後以降しか選べなかったり...

 

タイムラグのせいであとから応募した企業に内定が決まり

paiza経由で応募した企業の二次選考を辞退したのですが、

「誠に勝手ではありますが、諸般の事情により選考を辞退させていただきます。」

と送ったら運営会社から

「先方(応募先)へ伝えなければいけないのですが、諸般の事情とはなんでしょうか?」

という不躾極まりないメッセージが来ましたからね。

聞くか?普通それ

 

なんというか、プログラミングテストという独自性に強みを見出しているので

転職サイトとしての完成度がかなり低いように感じました。

 

GitHubで公開するようなソースはないけど、プログラミングできることは示したい!

なんていう方はテストだけ受けておいて

「paizaのSランク取りました。しかも4つの言語で(ドヤァ」

と面接の場で言えばOKです。

別に他の求人サイト経由で受けても人事の人には通じます。

 

 

----------------------------------------

一長一短はあると思うんですが、皆さんも是非いろいろなサイトを使い比べてみることをおすすめします。

 

コネで転職が一番楽だけどね!!