読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おでろでゅろでゅろ

擬音のようにふわっとした色々

実態!当事者が語るメンヘライズム!

ヤマダ トシコ メンタルヘルス

ヤマダトシコです。

 

いまやネットスラングの域を超えて、メンヘラという言葉が世に伝わってきている時代

ですが。

「一体メンヘラって具体的にはどんな人なの?どういうことをするの?」

加害者目線でのメンヘラ話が多いので、今回はヤマダトシコ自身が経験した当事者目線

メンヘラの実態について話をしようと思います。

 

f:id:frint_frint:20161125211153j:plain

 

メンヘラとは?簡単に説明すると

2ちゃんねのメンタルヘルス板から発症した言葉。主に、心の病を抱えている人のこと

をインターネットでメンヘラと呼ぶらしいです。

 

 

 

 

 

 

最初にメンヘラを発動したのが16歳の頃。

当時、はじめてまともな恋人が出来て現を抜かしていた頃。恋人とはなんの不自由も

なく幸せに暮らしていたのですが...

学校生活でのトラブル(いじめ、教師との仲違い)が度々続き、フルストレスに見舞わ

れて初めてパニックというものを起こし大騒ぎになりました。

そこから拍車をかけるように、些細なフラストレーションが溜まるごとに恋人に対して

八つ当たりをして二言目には「もう私は貴方にふさわしくないから死ぬ!

と喚き恋人を振り回していました。

ポイント1 メンヘラは別れる気もないのに、すぐ別れを切り出し愛情を確かめる

 

年上でしっかりした恋人は、責任感を強く振りかざし別れを切り出しても無闇矢鱈に

別れることなく関係は続いていましたのですが。

学校で起こったトラブルに拍車がかかり、次第に足が遠のき、引きこもるうちに

それが引き金となり両親と仲もどんどんと悪くなる一方。

ますます学校に行かなくってしまい、自宅にも少しずつ居づらい空気が生まれ、

彼の家に入り浸ることが増えました。

ポイント2 メンヘラはすぐに彼氏と同棲したがる

 

数ヶ月後には学校でのトラブルや、しばらく休学をしていたがために単位を落として

しまい、止む終えず学校を退学することになりました。

そこでまたしも家族とのトラブルが過激化してしまい、ついにリストカットをしてまい

家族は大騒ぎ。恋人もその一報を聞き、血相をかいて自宅まで迎えに来ると

「この人はこの家に居たら死ぬので僕が引き取ります」

と彼の一言で親の承諾を得てその足で彼の家へ引っ越すことへ。

f:id:frint_frint:20161125211219j:plain

ポイント 3 メンヘラはリストカットをする

 

 

 

避難といっても過言ではない状況の中で、恋人の家に上がり込んだのも束の間。

そこから状況はますます悪化していくばかりで。二人の楽しい同棲生活は存在する

ことなく、地獄絵図の始まりでしかなかったのです.......

 

はじめての同棲生活。それはそれは楽しいばかりの毎日かと思って居たのですが、

やはりそこはメンヘラです。そんな筈など微塵もなく。

突如として不安感や無性に訪れる悲しみ、不快感に襲われてはそれを拭うように

彼に八つ当たりを繰り返してなお愛情を確認して居ました。

 

或る夜のことでした。毎日鬱状態に見舞われ、どうしようもない夜を過ごして居た時の

ことでした。突如としてパニックを起こしてしまい彼の家で大暴れ。

恋人は必死にそれを止めようとするも、ものすごい力で彼の腕を振りほどき

「死ぬうううううう!!!もう死んでやる!!!!」

と喚き散らしながら二階の窓から飛び降りようとしました。(絶対に死ねない)

f:id:frint_frint:20161125213451p:plain

ポイント4 メンヘラはすぐに自殺未遂を図る

 

結局、隣の家の人に通報され大騒ぎになり。警察が家に乗り込んできて、急遽親も呼ば

れる大事になってしまった。家中の刃物を警察官に没収されてしまいました.....

結局その日に開放してもらえて、親も恋人もどっと疲れた顔に。

当の本人はというとケロっとした顔をして「みんな私のために行動を起こしてくれた」

という歪んだことを心の中で考えながら何事もなかったように平常心を取り戻して

いました。

 

 

それからというもの、彼との同棲生活の中では何度も問題行動を繰り返しました。

病院で処方された薬を本屋の本を読むスペースで全て飲み干す(OD オーバードーズ

をして病院に運ばれたり。

何故そんなところでODをしてしまったのか未だに覚えていません。かなり賑やかな

デパートに入っている本屋での出来事だったので、かなり大騒ぎになったそうです...。

(死にかけました....。生きててよかった)

f:id:frint_frint:20161125211237p:plain

ポイント5 メンヘラはお薬が大好き

 

 

 

それからというもの地獄の同棲生活は続き、しまいには恋人も引きずられ気を病んで

自傷行為をしたり、屋上から飛び降りたり........。(ご存命です)

お互いに血まみれになりながらよく喧嘩しましたキチガイ

 

 

 

 

 

こうした点を踏まえると、メンヘラと呼ばれる部類の人々は恋人や家族などより一層

近い人物に矛先が向きやすい傾向にあると思います。

見捨てられ不安などいつも心の何処かに空虚な気持ちを抱え、いくら愛情を注がれ

たといてしても、まるで「穴の空いたバケツに水を注ぐ」かのごとく

いつまでも心が満たされるということは、なかなか難しい問題になってきますね。

 

 

ネットでよく見る、「メンヘラには絶対に近づくなよ!」というセリフ。

あれはあながち間違って居ないんじゃないかな。他人で人の心なんてそうそう変わりは

しないんです。『この人のために何かしてあげなくては』という気持ちこそが

メンヘラのドツボにはまる入り口だと思います。

別に彼らや彼女らが悪意を持って他人を困らせたり傷付けたりしているわけではないと

思います。

人より少しだけ生きることに不器用な人たちなのではないかと当事者は思っています。